芸能・アイドル

2020年7月 1日 (水)

20200627 MISSION YouTube LIVE from 新宿ReNY

本当は「半人半鬼」という題名で行われるはずだったLIVEがコロナの前に消し飛び

別の形で蘇った形の映像ライブに。疫病には勝てないとはいうものの

しょーじき!悔しかった、その前に別の人のライブも飛んで払い戻しでしたし。

でね、正直、正直ですよ。

ライブ映像って結局ライブ行ったあとの補完というかライブが先にあっての

従としてのライブ映像になりがちでないですか、無観客ならなにか従にならない別のやりようがあるのかなと

ちょっと期待はしていたのですがまさかここまできっちり1本のMVになるとは。ホント一人でも多くの人に見てほしいです。

今回、ライブとほぼ同じ完パケがあとで買えるわけなんで、こーだったあーだったは今回あまり言いませんひたすら萌えた燃えた燃え尽きたキモめで強火の濱田さん推しの醜態だけがひたすら描写される話になるので、DVDの居酒屋コメンタリーが好き、みたいな奇特な方以外は続きはスルーで。

つーか最悪、ダウンロードだけのプランでいいから買いましょう!4DXの映画一本分ですし。(<なんでそこプロメア基準)

端正を墨字の楷書で書いて額に入れたかのような和風美男子福士誠治氏が濃いめなロックスター演ってて

しかもめっちゃ歌上手いのなかなかすごいから!そして後ろで推しでコンポーザーの濱田さんが大変に天然で可愛らしいから!

彼らは彼ら自身を「Theatre Rock」と称していますがTheatreという名前はお芝居をするホールだけでなく

そう言えば「映画館」もTheatreなんですよねえ。そんなわけで、今回はTheatre Rock the movie を野放図に語ってみたいと思います。

 

セットリストはここに先に。

1.二律背反-antinomie-

MC1

2.Born to be

Interlude〜悲傷(NHK BS時代劇 薄桜記サウンドトラックより)

3.自転と光点

MC2

4.道

5.ゴースト

en.二律背反-antinomie-

(続き以下はLIVE版本編ネタバレ含みます。)

続きを読む "20200627 MISSION YouTube LIVE from 新宿ReNY" »

2020年3月10日 (火)

20200224 ALICE IN MENSWEAR 新宿BLAZE “蜜月茶会”

夏ぶりのアリスさん。

新型コロナウィルスの流行がシャレにならなくなってきて

開催中止になるんじゃないかとヒヤヒヤしましたが、なんとか。

 

舞台には不思議の国のアリスのイカレタお茶会の版画の映写

割と有名な挿絵だと思うのでみたらわかるかも

そういえばアリスさん次はKOJIさんの誕生日のライブだから

まさに今回は「なんでもない日おめでとう」なのですね。

 

ほぼ定時か5分押しくらいではじまりました。

KOJIさんはバレエの王子様みたいなお辞儀で、michi.さんは少しやんちゃ感をだして。

1曲めはPre-TEA PARTY

michi.さんノリノリ。

スカートを脱いで、のところでお衣装のオーバースカートをヒラっとめくったんだけども

かーなーり男前にやったもんでうん(苦笑)

歌はめちゃめちゃ女子というか

時折ハートの女王みたいなヒステリックな悪女の声すら感じさせる声で。

千秋楽仕様なのかmichi.さんの髪には鮮やかな赤いメッシュが入っていました。

2曲めはPiLL≠GRiMM

スチームパンクな世界観、というもののわりとデジっぽいサイバーパンクっぽい曲も多いですよね

アリスさん。

最近のはやりなのか細かくお客様も参加型な感じ、とはいうものの

ライブで手拍子はちょっと私は苦手かも。。。

capture-捕食者-のあとちょっと曲間があって

夏のLIVEでもやった妖しい感じの曲

ザクザクとKOJIさんが刻むギターに艷やかなmichi.さんの声

ほんとmichi.氏の声はもっと多くの人に聴かれるべき声だと思うんだよなぁ。

アリスさんになって特にそう思います。

ハイトーンでも心地よく、空の高さと海の広さの両方を感じるスケールの大きい声。

時計の刻むSEがしてGARDEN、演奏中KOJIさんの髪かざりに揺れる歯車がちょうど見えて、

こういう細部まで凝ったお衣装ってそれだけでテンション上がるよねーって。

夏のときにも思った丁寧で上品なステージングはKOJIさんのスタイルの良さも手伝って

有る種の異世界感を醸し出すんですよね。めちゃめちゃ王子。

続いて天声と優しい感じのスローバラード(女神?)

EXILEとか韓流のアイドルとかでもこんな感じのたまに聞くけれど

なんていうかガツッと声にパワーがあるのに包容力ある感じみたいな人は

あまり居ないと思うんですよねぇ。EXILEとかのめっちゃスモーキーでテンダー

みたいのも嫌いじゃないんだけども。

ハジマリノウタ

michi.さんこの曲なんかいっつも「ふしぎなおどり」するのなんでだろう(笑)

どこかの公共放送の彼(あ、同い年だ…)の脱力系とは違うけどなんか鳥っぽい動き。

ガチャガチャと野蛮な音がして背後のスクリーンに歯車のDJ

オートマタ ー鋼鉄少女Aー

ギターソロで佇むmichi.さん、

まさに美しき鋼鉄のオートマタ、息遣いすら消えたように。

少女の可憐さとも違う臈長ける貴婦人の如き美しさ。

ライブバージョンは音源とはまた違った趣でまさに世界観を構築する一曲ですね。

シタールが下手にセットされKOJIさんのギターソロタイム。

GEARS OF DESTNY

KOJIさんがちょっと尖ったかっこよさ出しててよき。

古い柱時計の鐘が鳴り響き

Lost Child

歯車と古い蒸気機関車の重々しいMV

さながら

柱時計の鐘の声

諸行無常の響きあり

 

といったところでしょうか

 

ザクザクしたノリの曲

KOJIさんってめっちゃ美人さんのときとキリッと男子っぽい尖ってるときあるけど

今日はめっちゃ美人さんの日でした。喋ってる声michi.さんとだいぶ違うのに

コーラスすると響きが似るの不思議。

GRAPLLER

夏のライブのときニャンニャンとかぴょんぴょんとか遊んだ曲今回はあまりお遊びなしで。

アビエイターズー飛行少年AtoZー

動画配信でめっちゃ気に入っててライブで聞くのが楽しみでした。

ビーコンといえばまずはやぶさのアレが思い浮かびますがアリスさんのこの曲は人工衛星とか

はやぶさの方じゃなくて大気圏を水平に追っかけて宇宙船からのカプセルを華麗に回収する特殊戦闘機みたいな感じするよね?

この曲、なんでか向かい合って妖しいからみが(笑)アリスさんだとmichi.さん受けですか??

やおいもBLも全く受け付けませんではないのですがちょっと刺激が強かったです(笑)

公式はできるだけ健全が良いです、KOJI先生!

最後はALFEIM

結構ギターのフレーズが違ったような。

今度はmichi.さんが煽っての誘い受け…。

なにげにmichi.さんは根がさわやかさんっぽいなので

妖しさは薄めだったのですがやっぱり刺激がつようございますた。

こういうの好きな人もいるからなんともいえないですけど。

曲の終盤KOJIさんのギターのアドリブとmichi.さんのアドリブが絡んで

こちらは大変麗しく贅沢な気持ちになれました。

シンプルにいうならすっげーかっこよかった。

若々しい元気さもいいけどベテランの熟成された芳醇さもまた魅力的。

アンコールはTRASITISON

動画では多重録音のヴォーカルが前にでる感じだったけどライブだとジョリッとしたギターがサイバーな感じ

スチームパンクというよりは広くScience Fictionの世界観。

私もSFとかファンタジーとか大好きな人間なのでこれをスチームに入れるのは個人的には少し違和感があるような…ではあるんだけど

成り立ち的にはサイバーパンクとスチームパンクは兄弟みたいなものでも有るので…。

そして再びPre-TEA PARTY。

スカートを脱いでのところで再びmichi.さんスカートを男前にバサッと。

きゃ!なんてされてもセクハラ感で若干キモい気もするので、

ホントのところ正解はわかんないんだけども…とはいえそれはどうなんだろうか…(苦笑)

本編ではハートの女王様の悪女の笑いでしたが、アンコールはさながらバットマンのジョーカー。こっわ!

別に普段が特段中性的ってわけじゃないのに(お化粧はしてるけど)性別をガンガン八艘飛びするmichi.さんは牛若丸なの?なんなの?

幕間のあとはトークコーナー。

最近舞台とかでもこういうアフタートークみたいの流行ですよね。

お衣装はmichi.さんはツアーグッズのパーカーの赤い方KOJIさんは青い方。たぶん上に羽織ってるだけ。

全体的に夫婦漫才感がすごいというかKOJIさんのできたおヨメさんっぷりがすごくてw

michi.さんのワイヤレスの無線機のホルダーつくってあげちゃってるし。

もうmichi.さんコロコロ転がしまくってる。まくられてるw

一つ印象に残ったのが「michi.くんはクールに歌っちゃうから、一瞬浦和でむき出しで来たからそれが印象的だった」って。

個人的にクールに構築系の人が推しのことが多いのですが、

ふだんクールな人が瞬間激情に破綻するのってたしかに「エモい」ですよね。多分それはKOJIさんもそのタイプだとは

個人的には思うのですが…。

スチームパンクとハードロック、一見マッチするのかちょっと分かりづらい感じの世界観。

百戦錬磨のベテランがこれからどう表現していかれるのか、大きくSF感は有るけれどまだトータルでは

まだきしむ蒸気の向こう側、景色が見えない感じだな、とは思うけどたぶんこのお二人ならいけそうで、

ぜひスチームパンクのアニメの歌とか歌ってもらいたい感じ、きっと絶対かっこいいはず。

次は4月、コロナさんには早々にご退場頂いて、ぜひまたお逢いしましょう。

 

 

 

 

2019年8月15日 (木)

20190812 ALICE IN MENSWEAR 赤羽ReNY alpha “Down The Rabbit Hole”

山陽線直通突貫ライブ巡り第二弾

タイニイアリスで出会った彼の続き、

ALICE IN MENSWEAR、今度はアリスがモチーフの君

 

カップリングツアーのお相手defspiral、どこかで一回観たことがある、と思っていたら

TRANSTICNERVE時代にたまたまとある日曜日、中学時代の同級生(タイニイアリスに行った彼女と同一)が結婚式を

大阪でやるってんで前乗りする予定だったもんで見に行ったんでした。なんという偶然。

 

赤羽ReNYはかなり新しいライブハウスらしく舞台の後ろ全面と袖の位置にLEDビジョンが貼られてて

機材も最新鋭です!って主張してる感じ。

スポットライトはLEDの最新鋭でカラフル、四半世紀前にはゼラチンフィルムで色つけてたのに(演劇部並感)

映像も16mmフィルムで似たようなことをしてたのがどういうオーバーテクノロジー、の世界だったのを思うと隔世の感があるというか。

ただ、雑居ビルの地下に無理くり作った感で抜けない柱が一本二本…。

だいぶ見難かったですね。モニターずらずら並んでてフォローはされてはいたけれど…。

今日の客席位置は大体ライブの定位置の上手側で、サクッと言うと青い髪のほう。

 

先攻はdefspiral

全部で10曲、ビジュアル系でも中性的な感じと、男くさい感じとあるけど後者の方

びっくりするくらい爆音で音圧強いけど凄い聞きやすいのはベテランの為せる技か

ライブだと5割ましくらいでかっこいいのでもっと有名になってもいい感じなんだよねぇ。

もっと拳ブンブンする感じオラオラ系なのかと思いきや、お客様は手振りの感じであらびっくりって。

ドライで手数すごくてタイトなドラムのMASAKIさんと(音はすれども姿が見えず)

全体的にエグい低音を人の悪い半笑いで弾くベースのRyoさんがお気に入り。わりと好みのおんなじような

お嬢様も多いようで結構コールがありました。

そんなことを思っていたらTAKAさんがMCで赤羽を新宿と間違えた挙句、新宿と違ってジャンプできる。。。って

それは2日前シニガミがオーブ弄んでたトコだー!!

 

1ステージ終わると緞帳が降りてきたのですが、その緞帳がハイテクで。バレエとかで使う絞り緞帳(Wikiで調べたw)

と呼ばれるタイプのものだそうですが銀糸で織られてるのか布に蒸着コーティングされてるのかしらないけど

幕の内側でライトをつけててもシャーリングの薄いトコは裏からの光を受けてぼうっと発光し布が重なってるところは

こちらのライトでキラッと光ったり金属で遮光されて影を濃くしたり

薄くて軽い素材っぽいのに目隠し機能高いし綺麗だし優秀〜。

 

準備中の音楽が子供の声のだったり女性ボーカルのものだったりで、

男くさい系のdefさんとはやっぱり違うなぁって。思いました。

幕が開き

左巻きの時計のVJが私たちを不思議の世界へ。

シアトリカル、をコンセプトにしたアリスさんの曲順は大体音源通り

上側に青い髪のKOJIさん、下手にmichi.さん

michi.さんはアーティスト写真と同じ帽子をお召しでしたがかなり頭にガッチリ装備されてる感じで微動だにせず。

 

あんまりネタバレすんなって公式が言ってるから慎重にいきます。

で、1曲め。Lost Child

映写機の雰囲気の擬古風のVJ。

不意におよそ25年前に見たお芝居…その劇場の名前はそう、タイニイアリス…のなかで

使われた16mm 映写機の映像を思い起こさせて

瞬間、昔と今がクロスオーバーして頭がクラクラしました。

ライブで聴くと思った以上に絶望感があってセピア色の濁流に呑まれる感じでした。

満身創痍で運命を受け入れ伝説として死ぬか…無様にもがいて泥をすすって生きるか…みたいな。

 

……死なれるのはいやだ、あなたに生きていてほしい…。

 

ん?
いやいや、michi.さんとKOJIさんには生きて、さらに伝説になってもらわないと、こまります!

 

MCがない、と予告の通りどんどん曲を演奏していく感じでしたが、

もう、これが圧巻のステージング。michi.さんはセクシーかつ大胆、視線一つでアリスにも王様にもなる感じ

軽やかな舞踊というよりは演武のような腰の入った強くてしなやかな動きでステージを華やかに。

あとmichi.さんの声、このユニットになってからちょっとクラシックめの声にしてるのかな、と。

KOJIさんの動きはとても丁寧で優雅。多分一つ一つの動きにしっかり意味があり、計算され尽くしている感じ

 

シアトリカル、かというと私のイメージからは少し外れている感はあるけど

それでも演じてる感はあって不思議なアプローチだなとおもいました。

多分ミュージカルやストレートプレイでなくてバレエとかに近いのかもしれないかな、と。

 

途中でお遊びのコーナーがあってうさちゃんチームと猫ちゃんチームで分かれてコールアンドレスポンスの

ゲームがあったのだけどKOJIさんが可愛らしく猫ちゃんやったりうさちゃんやったりで

頭の上に手で作っている耳のところをmichi.さんがちょっかいかけたら

まあすんごい上手に手耳をぴくん!とさせてて、普段よくみてるんだろうなぁって。

 

インスタにも上がってた特注のマイクスタンドは実際見るとかなり重厚で隠されたギミックもありそうな感じでした、

受話器外れるしマイクひとつ入ってる?みたいな、あとKOJIさんのマイクスタンドには

スチパンとは関係がなさそうな現代的な機械が龍の首みたいに追加装備されてたんですが

あれはいったいなんだったのか。

 

シアトリカル、ということで楽しみだったオートマタ-鋼鉄少女A-は妖しくも激しい感じにアレンジ!

鋼鉄というか沈んだブロンズ色の世界観が彼らにぴったり。

音源通りにやろうと思ったらmichi.さんのクローンが4.5人必要な地獄絵図なので

(主にステージからの目力の圧が大変なことになるという意味で)

クローン居なくてよかったです。

多分音源になってない曲も演ってこちらも計10曲。

 

今日は楽日だから特別!セッションバンドAlispiralは延長戦でお届け!だそうです。

defspiral のメンバーもALICE IN MENSWEARのお二人もそれぞれのツアーTを着て舞台に。

…不意にちょっと疑問なんだけどツアーTって着るならライブ中とライブ後どっち着ます?私、わりと後派なんですけど…

いや10日のライブでライブ前に着替えてる人がいて、えええ今着ちゃうの?みたいな…、いやそんだけ。

全部で6曲頭2曲はアコースティックであとはバンド演奏で。MASAKIさん多分アコのときは箱みたいな打楽器叩いてた…と思う。

michi.さんとTAKAさんはタイプが違うボーカリストながらツインボーカルすると厚みがスゴイ!って感じになって

なんかどこかのボーナス・トラックとかでちゃんと聞きたいと思いました。

高くて澄んだmichi.さんの声とドシッとしたTAKAさんのハーモニーは最高でした。

defspiralとALICEの曲を交互に演っていく感じで、やっぱりRyoさんのベースは抉るような低音でワルの音がしてました。

ALICEの曲で個性絞ってもうっすらワルの音してておかしいったらw

ツインギター編成のバンドだとツインリードでハモったりユニゾンしたりで二人とも巧者なので

ふつうにふえぁぁぁ↑(魂昇天しかける感じ)ってなりました。

 

大ラスの曲はALFHEIM、KOJIさんがインスタライブで熱く語りつくしてましたが

改めてすごい曲だとおもいました。その人しか歌えない曲を作るのも大変だとは思うけど、

誰が歌ってもその人なりのオトコマエさを表現しうる曲ってなかなか難しいんじゃないかとおもうんです。

今日はTAKAさんとmichi.さんだったけど変な話女性ボーカリストでも

オトコマエ心で歌ったらちゃんとその人の色がでそうな感じ。

(逆にいうと歌う方は自分の中のオトコマエをちゃんと探さないと歌い切れない怖い歌)

TAKAさんはTAKAさんのALFHEIM、michi.さんはmichi.さんのALFHEIM

少しどころか全く違うくらいのレベルで違うけどフュージョンすると神か天使かの勢いのオトコマエの奔流。

圧巻のハーモニー。上手い人と上手い人のハーモニーはライブ実質タダにする威力がありますね。

つか他もすごいから丸儲けかもしれない。

 

最後ドラムのMASAKIさんがちょこっと喋ってた気がするけど、その音で、その風貌で、

めっさふつーのおじさんだったんだけどあれで…よかったんですかね(いつもを知らないので)

 

五時半から始まって終わったの20時すぎ…ほぼ三時間の大公演。

 

長さはほとんど感じなくて、とにかく大人のステージ、いやはやごちそうさまでした。

2017年8月 6日 (日)

20170805 S.Q.F 新宿ReNY "PARADIGM SHIFT"

S.Q.Fさんのライブに行ってきました。

 

会社には「高校の先輩のバンドみてきます」…とは言わなかったけど
うっかり言いそうな勢いの距離感のおかしいやつが書いてる、ということはここに記しておきますw
(尚、ともきちさん高校時代そこそこ強い演劇部だったのでプロになってる人もいてリアルにそういう感じで見に行ったりもします)

 

 

ごく最近の曲は知ってるけどブランクがだいぶ長かったので不完全な曲順。.だったけど友人や公式様から補完あり。

 

 

1. LEO

 

2.Jump!

 

3.SUPER FLOWER

 

-MC-

 

4.愛しのジョーク

 

5.YES

 

6.ラストサマーキス

 

7.Obilivion

 

-中入 オフショットのビデオコーナー-

 

8.BABY STEADY GO

 

9.コズミックサーカス

 

10.RISING

 

-MC2-

 

ゲストコーナー

 

11.未来航路-Acoustic Ver.-(feat.KOJI)

 

12.ETERNAL CHILD(feat.KOJI)

 

-MC3-

 

13. chase

 

14.Vertigo!

 

15.Cloud Cuckoo Land

 

16. CRY ANOTHER DAY

 

-------------------------

 

En-1.WE'RE GONNA FREE

 

En-2. D.D.HEAVEN

 

En-3.Egoistic Game

 

En-3.恋はメルヘン

 

-------------------------

 

En2-1.PARADIGM SHIFT

 

En2-2.My Precious Summer

 

続きを読む "20170805 S.Q.F 新宿ReNY "PARADIGM SHIFT"" »

2015年12月16日 (水)

ライブはいいねぇ。

久しぶりにライブにいてきました。

…ホントはものすごく忙しくて直前まで行けるかって感じだったんだけれども
ここまで忙しくてきついとここで行かないと逆に自分の心が死んでしまいそうな気がして。
結果行って大正解でしたね。
興が乗ったので久しぶりにライブレポなるものを書いてみますか。
ま~ったく準備せずに行ったのでメモとってなくてどこまでかけるか不明ですが。

続きを読む "ライブはいいねぇ。" »

2011年11月 8日 (火)

うるさいファンですんまそん。

ことマスケラ君に対して、これは煩いと思われてなきゃいいんですけどね。(たぶんもう遅い)

続きを読む "うるさいファンですんまそん。" »

2011年8月15日 (月)

やっとこさ

とある4人の…MASCHERA君のお絵かきさんですよ。
構想12年、制作およそ20日という
とも吉さんにしては長い時間を要した力作(自分で言うな)

続きを読む "やっとこさ" »

2011年7月31日 (日)

1/7迄死ねない。

自分のプレオーダー見事おっこったくせに
他人の幸運に乗っかって無事ライブチケットゲット。
1/7まで元気でいないとね、絶対死ねないね。

続きを読む "1/7迄死ねない。" »

2011年6月29日 (水)

Transparent_blue

続きを読む "Transparent_blue" »

2011年2月16日 (水)

まぁやっぱりそういうことなんですよ、きっと。

続きを読む "まぁやっぱりそういうことなんですよ、きっと。" »

より以前の記事一覧

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ