« 20191123 MISSION 新宿MARZ ”SECOND”リリースイベント | トップページ | 20200627 MISSION YouTube LIVE from 新宿ReNY »

2020年3月10日 (火)

20200224 ALICE IN MENSWEAR 新宿BLAZE “蜜月茶会”

夏ぶりのアリスさん。

新型コロナウィルスの流行がシャレにならなくなってきて

開催中止になるんじゃないかとヒヤヒヤしましたが、なんとか。

 

舞台には不思議の国のアリスのイカレタお茶会の版画の映写

割と有名な挿絵だと思うのでみたらわかるかも

そういえばアリスさん次はKOJIさんの誕生日のライブだから

まさに今回は「なんでもない日おめでとう」なのですね。

 

ほぼ定時か5分押しくらいではじまりました。

KOJIさんはバレエの王子様みたいなお辞儀で、michi.さんは少しやんちゃ感をだして。

1曲めはPre-TEA PARTY

michi.さんノリノリ。

スカートを脱いで、のところでお衣装のオーバースカートをヒラっとめくったんだけども

かーなーり男前にやったもんでうん(苦笑)

歌はめちゃめちゃ女子というか

時折ハートの女王みたいなヒステリックな悪女の声すら感じさせる声で。

千秋楽仕様なのかmichi.さんの髪には鮮やかな赤いメッシュが入っていました。

2曲めはPiLL≠GRiMM

スチームパンクな世界観、というもののわりとデジっぽいサイバーパンクっぽい曲も多いですよね

アリスさん。

最近のはやりなのか細かくお客様も参加型な感じ、とはいうものの

ライブで手拍子はちょっと私は苦手かも。。。

capture-捕食者-のあとちょっと曲間があって

夏のLIVEでもやった妖しい感じの曲

ザクザクとKOJIさんが刻むギターに艷やかなmichi.さんの声

ほんとmichi.氏の声はもっと多くの人に聴かれるべき声だと思うんだよなぁ。

アリスさんになって特にそう思います。

ハイトーンでも心地よく、空の高さと海の広さの両方を感じるスケールの大きい声。

時計の刻むSEがしてGARDEN、演奏中KOJIさんの髪かざりに揺れる歯車がちょうど見えて、

こういう細部まで凝ったお衣装ってそれだけでテンション上がるよねーって。

夏のときにも思った丁寧で上品なステージングはKOJIさんのスタイルの良さも手伝って

有る種の異世界感を醸し出すんですよね。めちゃめちゃ王子。

続いて天声と優しい感じのスローバラード(女神?)

EXILEとか韓流のアイドルとかでもこんな感じのたまに聞くけれど

なんていうかガツッと声にパワーがあるのに包容力ある感じみたいな人は

あまり居ないと思うんですよねぇ。EXILEとかのめっちゃスモーキーでテンダー

みたいのも嫌いじゃないんだけども。

ハジマリノウタ

michi.さんこの曲なんかいっつも「ふしぎなおどり」するのなんでだろう(笑)

どこかの公共放送の彼(あ、同い年だ…)の脱力系とは違うけどなんか鳥っぽい動き。

ガチャガチャと野蛮な音がして背後のスクリーンに歯車のDJ

オートマタ ー鋼鉄少女Aー

ギターソロで佇むmichi.さん、

まさに美しき鋼鉄のオートマタ、息遣いすら消えたように。

少女の可憐さとも違う臈長ける貴婦人の如き美しさ。

ライブバージョンは音源とはまた違った趣でまさに世界観を構築する一曲ですね。

シタールが下手にセットされKOJIさんのギターソロタイム。

GEARS OF DESTNY

KOJIさんがちょっと尖ったかっこよさ出しててよき。

古い柱時計の鐘が鳴り響き

Lost Child

歯車と古い蒸気機関車の重々しいMV

さながら

柱時計の鐘の声

諸行無常の響きあり

 

といったところでしょうか

 

ザクザクしたノリの曲

KOJIさんってめっちゃ美人さんのときとキリッと男子っぽい尖ってるときあるけど

今日はめっちゃ美人さんの日でした。喋ってる声michi.さんとだいぶ違うのに

コーラスすると響きが似るの不思議。

GRAPLLER

夏のライブのときニャンニャンとかぴょんぴょんとか遊んだ曲今回はあまりお遊びなしで。

アビエイターズー飛行少年AtoZー

動画配信でめっちゃ気に入っててライブで聞くのが楽しみでした。

ビーコンといえばまずはやぶさのアレが思い浮かびますがアリスさんのこの曲は人工衛星とか

はやぶさの方じゃなくて大気圏を水平に追っかけて宇宙船からのカプセルを華麗に回収する特殊戦闘機みたいな感じするよね?

この曲、なんでか向かい合って妖しいからみが(笑)アリスさんだとmichi.さん受けですか??

やおいもBLも全く受け付けませんではないのですがちょっと刺激が強かったです(笑)

公式はできるだけ健全が良いです、KOJI先生!

最後はALFEIM

結構ギターのフレーズが違ったような。

今度はmichi.さんが煽っての誘い受け…。

なにげにmichi.さんは根がさわやかさんっぽいなので

妖しさは薄めだったのですがやっぱり刺激がつようございますた。

こういうの好きな人もいるからなんともいえないですけど。

曲の終盤KOJIさんのギターのアドリブとmichi.さんのアドリブが絡んで

こちらは大変麗しく贅沢な気持ちになれました。

シンプルにいうならすっげーかっこよかった。

若々しい元気さもいいけどベテランの熟成された芳醇さもまた魅力的。

アンコールはTRASITISON

動画では多重録音のヴォーカルが前にでる感じだったけどライブだとジョリッとしたギターがサイバーな感じ

スチームパンクというよりは広くScience Fictionの世界観。

私もSFとかファンタジーとか大好きな人間なのでこれをスチームに入れるのは個人的には少し違和感があるような…ではあるんだけど

成り立ち的にはサイバーパンクとスチームパンクは兄弟みたいなものでも有るので…。

そして再びPre-TEA PARTY。

スカートを脱いでのところで再びmichi.さんスカートを男前にバサッと。

きゃ!なんてされてもセクハラ感で若干キモい気もするので、

ホントのところ正解はわかんないんだけども…とはいえそれはどうなんだろうか…(苦笑)

本編ではハートの女王様の悪女の笑いでしたが、アンコールはさながらバットマンのジョーカー。こっわ!

別に普段が特段中性的ってわけじゃないのに(お化粧はしてるけど)性別をガンガン八艘飛びするmichi.さんは牛若丸なの?なんなの?

幕間のあとはトークコーナー。

最近舞台とかでもこういうアフタートークみたいの流行ですよね。

お衣装はmichi.さんはツアーグッズのパーカーの赤い方KOJIさんは青い方。たぶん上に羽織ってるだけ。

全体的に夫婦漫才感がすごいというかKOJIさんのできたおヨメさんっぷりがすごくてw

michi.さんのワイヤレスの無線機のホルダーつくってあげちゃってるし。

もうmichi.さんコロコロ転がしまくってる。まくられてるw

一つ印象に残ったのが「michi.くんはクールに歌っちゃうから、一瞬浦和でむき出しで来たからそれが印象的だった」って。

個人的にクールに構築系の人が推しのことが多いのですが、

ふだんクールな人が瞬間激情に破綻するのってたしかに「エモい」ですよね。多分それはKOJIさんもそのタイプだとは

個人的には思うのですが…。

スチームパンクとハードロック、一見マッチするのかちょっと分かりづらい感じの世界観。

百戦錬磨のベテランがこれからどう表現していかれるのか、大きくSF感は有るけれどまだトータルでは

まだきしむ蒸気の向こう側、景色が見えない感じだな、とは思うけどたぶんこのお二人ならいけそうで、

ぜひスチームパンクのアニメの歌とか歌ってもらいたい感じ、きっと絶対かっこいいはず。

次は4月、コロナさんには早々にご退場頂いて、ぜひまたお逢いしましょう。

 

 

 

 

« 20191123 MISSION 新宿MARZ ”SECOND”リリースイベント | トップページ | 20200627 MISSION YouTube LIVE from 新宿ReNY »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 20191123 MISSION 新宿MARZ ”SECOND”リリースイベント | トップページ | 20200627 MISSION YouTube LIVE from 新宿ReNY »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ