« 2019年8月 | トップページ | 2020年3月 »

2019年11月

2019年11月25日 (月)

20191123 MISSION 新宿MARZ ”SECOND”リリースイベント

MISSIONがらみのチケットを外すこと2回。

以前からはまーのライブもわりあいハズしててくじ運の悪さを自覚しているのですが

今回はあたっちゃいましたよ、いえーい!

というわけで行ってまいりましたリリースイベント。

ライブハウスでイベントってメジャーデビューイベントとかではそこそこ聞くけど

このタイミングって珍しいんじゃなかろか。

実質今回がメジャーデビューというところなのかもしれないですね。

 

今回はほぼ定時にスタート。

最初PAさんがしくったのかはやとちったのかスモークを流したところで始まりそうになって

直って会場から笑いが起きてました。

始まるとき演出でホワイトノイズ(?)というか砂嵐が妨害電波的に乗る感じだったんだけど、

あれ今でも若い子ってわかるんだろうか…とは。(会場の人は、あらかたその辺大丈夫な感じでしたけど:苦笑)

1.シニガミ

夏のライブとお衣装はおんなじ感じ。微妙に違うのかもだがそこはわからず。

本日はリズム隊なし擦弦部隊なしサポートGありの変則3ピース

打ち込みメインのギター載せキーボート載せみたいな。

夏のライブのガチ殺しに来ました系のシニガミ様ではなく普通に音源のイメージで。

それでもセージ様、ちょっと気合入れすぎて飛ばしすぎて声が時々フラットになってました。

結構ギターの人がおしゃれフレーズを沢山いれてかっこよくなってました。

1曲終わって暗転で

椅子がセッティングされてトークコーナー。

司会の人とはまーが出てきて後ろから何故か500mlの水を3つ抱えて

きょとーんってセージ様登場、ご丁寧にストロー付きの。貴方はローディーくんかw

司会の方はずっとMISSIONのライブレポを書いていらっしゃるライターさんで平賀さんという方、ライブレポの重くちな語りがもっと渋くて怖い感じの人なのかと思ったら快活なお兄様でちょっと声の感じとかNACK5のビートシャッフルの浅井博章さんを彷彿とさせるような感じでした。

Talk テーマは題して「MISSIONを語る会」

平賀さん「こんなことは初めてで気合乗りまくっておかしな挙動のセージ様」をイジるのに

「リリースイベント童貞」なる、オイ昼間だぞww的な際どい言葉でイジってました。

文字で書くとさらっとしてるけど音にするとだいぶ下方向で(苦笑)

まぁね、バンドで初期衝動って大事なんで、挙動不審もご愛嬌ってことで。

はまーは病み上がりでおネムさんなのかって言うくらいぽやぽやぽやぽやしてて平賀さんとセージ様に盛んに突っ込まれてました。なんかちょっとやつれた感もあり大丈夫かなと思いました。

シニガミ制作秘話や今回のリリースイベントの制作秘話など、覚えてるのはセージ様がライブ作るまでコールアンドレスポンスを知らなかったとかライブで再演みたいなものはあまり聞かないけど、今回のシニガミみたいな感じで同じモチーフで演じてみたいとか同じセットを30回演じると見えてくるものがあるとかセージ様をもっと尖った存在にしていきたいとか

途中でこのままだとただの公開インタビューなので、ファンの方からもお話を伺って…と

3人くらいの方のファンの方にお話を聞きながら質問を作ってく感じで、

テレビで歌うのをみたいとか武道館ライブをみたいとか引き出して

ホント平賀さんすごかった、慣れないファンの方をカウンセリングしながらちゃんと話にしていて職人芸をみました。

 

…でまぁ。。。まぁまぁまぁね・・・とても個人的には・・・アウェイ感強くて泣くし。

福士さんもすてきな俳優さんでセージ様も歌上手くてかっこいいんだけどもよ・・・。

私も今回はまーのことあんまかいてないけどもよ・・・。よっぽど手をあげようかとも思いましたが話し始めたらただのヤバい人になる未来しかみえなかったのでやめました。

 

2.自転と光点

8月のライブのときにこんなキリキリした曲だっけ?の音源からよりハゲシく狂って。

打ち込みの音これ…はまーの曲…だよね?って信じられないくらい狂った音だしてました。

澄んだ音と美メロで騙されてるけどめちゃくちゃマニアックで激しい曲ですよね。

ライブで育ったらもっとかっこいい曲になりそうだと思いました。

サポートのGさんはアコギをハゲシくかき鳴らしてました、

静止画撮影可だったので皆さん写真を撮られてたんですがみんな手慣れててすごいなと思いました。でも今の携帯のデジカメってめちゃくちゃ優秀でライブハウスの照明も優秀だからだけどちゃんと映るのね…15年くらい前友達がライターしてた地方のライブミニコミ紙でカメラマンで入ってカード2枚丸々撮ったのに真っ暗でホントに役に立たなかった思い出が…。

曲が終わってMISSIONさん達がはけてアンコール…していいもんなのかこれ…と案じていると

ドーンと告知!

2020年6月27日(土)新宿ReNY

 

めっちゃライブバンドの風格なのに

また縦ノリに技術が必要になるやつやーん!(苦笑)

正直、来年オリンピック終わった秋まで無いと思ってたのでびっくりしました。

告知のあとにまたホワイトノイズが妨害電波のように…

とお着替えしたセージ様とそのままのはまーとサポートGさん。

Aラインのポテっとした…と言っても端正が具現化したような方なのでシュッとしてるけど…

コートからXラインのセクシーなジャケットで。会場では気が付かなかったけど

シルバーのカラコンが入ってビジュアル系っぽく、そして何よりびっくりしたのはその表情

なんかとんでもなく切羽詰まっているような表情で

…ん?時間押して音止め時間ギリギリとか?、いや…割とよくあるんですよ(苦笑)打ち込みバンドだと結構致命的なやつ。

と思っているとそのものすごい表情のまま曲が始まり

EN.シニガミ

睨んだ瞬間分かりました。これは今しがた初めて人を殺してきた顔だと。8月のライブのときのように

人の運命をもて遊ぶ神ではなく、自ら命を奪いに来る凶暴な「死」

そして、それと同時にきっといままではどこか「ヴォーカリスト役」を演じているようでもあった彼がガシャンと音を立ててなにかに接続して掴んだ、そんな感じがしました。つかさっき捌けて5分もたたないうちに何みつけたんだ…なにが起こったんだ。なにげに20代半ばから後半にかけてわりとバンドさん見てきて覚醒するバンドさんもそこそこ見てきましたがものの5分で突然覚醒するのなんてみたことねえわ、才能も表現力も一流なのは折り紙付きとはいえ端的に言ってバケモンだ。イベントライブでエライもんみてしまった。

あと何回変身を残しているのだろう、いやホント楽しみです。

« 2019年8月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ