« 2019年1月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年8月

2019年8月15日 (木)

20190812 ALICE IN MENSWEAR 赤羽ReNY alpha “Down The Rabbit Hole”

山陽線直通突貫ライブ巡り第二弾

タイニイアリスで出会った彼の続き、

ALICE IN MENSWEAR、今度はアリスがモチーフの君

 

カップリングツアーのお相手defspiral、どこかで一回観たことがある、と思っていたら

TRANSTICNERVE時代にたまたまとある日曜日、中学時代の同級生(タイニイアリスに行った彼女と同一)が結婚式を

大阪でやるってんで前乗りする予定だったもんで見に行ったんでした。なんという偶然。

 

赤羽ReNYはかなり新しいライブハウスらしく舞台の後ろ全面と袖の位置にLEDビジョンが貼られてて

機材も最新鋭です!って主張してる感じ。

スポットライトはLEDの最新鋭でカラフル、四半世紀前にはゼラチンフィルムで色つけてたのに(演劇部並感)

映像も16mmフィルムで似たようなことをしてたのがどういうオーバーテクノロジー、の世界だったのを思うと隔世の感があるというか。

ただ、雑居ビルの地下に無理くり作った感で抜けない柱が一本二本…。

だいぶ見難かったですね。モニターずらずら並んでてフォローはされてはいたけれど…。

今日の客席位置は大体ライブの定位置の上手側で、サクッと言うと青い髪のほう。

 

先攻はdefspiral

全部で10曲、ビジュアル系でも中性的な感じと、男くさい感じとあるけど後者の方

びっくりするくらい爆音で音圧強いけど凄い聞きやすいのはベテランの為せる技か

ライブだと5割ましくらいでかっこいいのでもっと有名になってもいい感じなんだよねぇ。

もっと拳ブンブンする感じオラオラ系なのかと思いきや、お客様は手振りの感じであらびっくりって。

ドライで手数すごくてタイトなドラムのMASAKIさんと(音はすれども姿が見えず)

全体的にエグい低音を人の悪い半笑いで弾くベースのRyoさんがお気に入り。わりと好みのおんなじような

お嬢様も多いようで結構コールがありました。

そんなことを思っていたらTAKAさんがMCで赤羽を新宿と間違えた挙句、新宿と違ってジャンプできる。。。って

それは2日前シニガミがオーブ弄んでたトコだー!!

 

1ステージ終わると緞帳が降りてきたのですが、その緞帳がハイテクで。バレエとかで使う絞り緞帳(Wikiで調べたw)

と呼ばれるタイプのものだそうですが銀糸で織られてるのか布に蒸着コーティングされてるのかしらないけど

幕の内側でライトをつけててもシャーリングの薄いトコは裏からの光を受けてぼうっと発光し布が重なってるところは

こちらのライトでキラッと光ったり金属で遮光されて影を濃くしたり

薄くて軽い素材っぽいのに目隠し機能高いし綺麗だし優秀〜。

 

準備中の音楽が子供の声のだったり女性ボーカルのものだったりで、

男くさい系のdefさんとはやっぱり違うなぁって。思いました。

幕が開き

左巻きの時計のVJが私たちを不思議の世界へ。

シアトリカル、をコンセプトにしたアリスさんの曲順は大体音源通り

上側に青い髪のKOJIさん、下手にmichi.さん

michi.さんはアーティスト写真と同じ帽子をお召しでしたがかなり頭にガッチリ装備されてる感じで微動だにせず。

 

あんまりネタバレすんなって公式が言ってるから慎重にいきます。

で、1曲め。Lost Child

映写機の雰囲気の擬古風のVJ。

不意におよそ25年前に見たお芝居…その劇場の名前はそう、タイニイアリス…のなかで

使われた16mm 映写機の映像を思い起こさせて

瞬間、昔と今がクロスオーバーして頭がクラクラしました。

ライブで聴くと思った以上に絶望感があってセピア色の濁流に呑まれる感じでした。

満身創痍で運命を受け入れ伝説として死ぬか…無様にもがいて泥をすすって生きるか…みたいな。

 

……死なれるのはいやだ、あなたに生きていてほしい…。

 

ん?
いやいや、michi.さんとKOJIさんには生きて、さらに伝説になってもらわないと、こまります!

 

MCがない、と予告の通りどんどん曲を演奏していく感じでしたが、

もう、これが圧巻のステージング。michi.さんはセクシーかつ大胆、視線一つでアリスにも王様にもなる感じ

軽やかな舞踊というよりは演武のような腰の入った強くてしなやかな動きでステージを華やかに。

あとmichi.さんの声、このユニットになってからちょっとクラシックめの声にしてるのかな、と。

KOJIさんの動きはとても丁寧で優雅。多分一つ一つの動きにしっかり意味があり、計算され尽くしている感じ

 

シアトリカル、かというと私のイメージからは少し外れている感はあるけど

それでも演じてる感はあって不思議なアプローチだなとおもいました。

多分ミュージカルやストレートプレイでなくてバレエとかに近いのかもしれないかな、と。

 

途中でお遊びのコーナーがあってうさちゃんチームと猫ちゃんチームで分かれてコールアンドレスポンスの

ゲームがあったのだけどKOJIさんが可愛らしく猫ちゃんやったりうさちゃんやったりで

頭の上に手で作っている耳のところをmichi.さんがちょっかいかけたら

まあすんごい上手に手耳をぴくん!とさせてて、普段よくみてるんだろうなぁって。

 

インスタにも上がってた特注のマイクスタンドは実際見るとかなり重厚で隠されたギミックもありそうな感じでした、

受話器外れるしマイクひとつ入ってる?みたいな、あとKOJIさんのマイクスタンドには

スチパンとは関係がなさそうな現代的な機械が龍の首みたいに追加装備されてたんですが

あれはいったいなんだったのか。

 

シアトリカル、ということで楽しみだったオートマタ-鋼鉄少女A-は妖しくも激しい感じにアレンジ!

鋼鉄というか沈んだブロンズ色の世界観が彼らにぴったり。

音源通りにやろうと思ったらmichi.さんのクローンが4.5人必要な地獄絵図なので

(主にステージからの目力の圧が大変なことになるという意味で)

クローン居なくてよかったです。

多分音源になってない曲も演ってこちらも計10曲。

 

今日は楽日だから特別!セッションバンドAlispiralは延長戦でお届け!だそうです。

defspiral のメンバーもALICE IN MENSWEARのお二人もそれぞれのツアーTを着て舞台に。

…不意にちょっと疑問なんだけどツアーTって着るならライブ中とライブ後どっち着ます?私、わりと後派なんですけど…

いや10日のライブでライブ前に着替えてる人がいて、えええ今着ちゃうの?みたいな…、いやそんだけ。

全部で6曲頭2曲はアコースティックであとはバンド演奏で。MASAKIさん多分アコのときは箱みたいな打楽器叩いてた…と思う。

michi.さんとTAKAさんはタイプが違うボーカリストながらツインボーカルすると厚みがスゴイ!って感じになって

なんかどこかのボーナス・トラックとかでちゃんと聞きたいと思いました。

高くて澄んだmichi.さんの声とドシッとしたTAKAさんのハーモニーは最高でした。

defspiralとALICEの曲を交互に演っていく感じで、やっぱりRyoさんのベースは抉るような低音でワルの音がしてました。

ALICEの曲で個性絞ってもうっすらワルの音してておかしいったらw

ツインギター編成のバンドだとツインリードでハモったりユニゾンしたりで二人とも巧者なので

ふつうにふえぁぁぁ↑(魂昇天しかける感じ)ってなりました。

 

大ラスの曲はALFHEIM、KOJIさんがインスタライブで熱く語りつくしてましたが

改めてすごい曲だとおもいました。その人しか歌えない曲を作るのも大変だとは思うけど、

誰が歌ってもその人なりのオトコマエさを表現しうる曲ってなかなか難しいんじゃないかとおもうんです。

今日はTAKAさんとmichi.さんだったけど変な話女性ボーカリストでも

オトコマエ心で歌ったらちゃんとその人の色がでそうな感じ。

(逆にいうと歌う方は自分の中のオトコマエをちゃんと探さないと歌い切れない怖い歌)

TAKAさんはTAKAさんのALFHEIM、michi.さんはmichi.さんのALFHEIM

少しどころか全く違うくらいのレベルで違うけどフュージョンすると神か天使かの勢いのオトコマエの奔流。

圧巻のハーモニー。上手い人と上手い人のハーモニーはライブ実質タダにする威力がありますね。

つか他もすごいから丸儲けかもしれない。

 

最後ドラムのMASAKIさんがちょこっと喋ってた気がするけど、その音で、その風貌で、

めっさふつーのおじさんだったんだけどあれで…よかったんですかね(いつもを知らないので)

 

五時半から始まって終わったの20時すぎ…ほぼ三時間の大公演。

 

長さはほとんど感じなくて、とにかく大人のステージ、いやはやごちそうさまでした。

2019年8月11日 (日)

20190810 MISSION 新宿ReNY ”SECOND”

俳優福士誠治氏と作曲家濱田貴司氏の不思議なバンドユニットMISSIONさんのライブ

初参戦でございます。

30分押しですよ30分押し!
何があったんだ、ほんま。
そして、聞こえてくるのは気がつく限り福士ファンの声ばかり、推しのライブに来たはずなのに
なんだこのアウェイ感…(苦笑)

完全に福士ファンだと思われて話しかけられて反応がおかしいのがバレて気まずい雰囲気になったり(苦笑)
濱田さん推しなんだ、話合わせられなくてごめんね。

多分ReNYでは初めての下手側、なぜなら濱田さんが中央下手側だったから。

 

楽器の配置は上手から斜め向きにDr.G t.Vo.Key.Ba.Vn

通常のロックバンドだとVo.がDr.を背負う形になるのが一般的だけど

音圧の関係かなと思いました。福士さん本業じゃないし

あとははまー真ん中にいないと見えないですしね。

30分待たされ足首が固まりそうなころ

暗転してすぐはまーが現れあれあれ?っと思っていると低く唸るようなSEが鳴り響き
魔物の手にある光る物体のVJ、サポートのメンバーさんが、そして黒いストリート風のコート中に
重ね着したパーカーから深く暗赤色のフードを被り光る月の模型のような玉を携えてセージ様登場、
肩から背中から異様な雰囲気で明らかに演じているものは人外のなにか。低く鋭い声で彼は語る。

 

「まさか、自分だけは死ぬはずがないと

そんな風に信じていたのかい?

ロウソクの残りは陽が出ずるまで

泣こうが喚こうが笑おうが

それまでの人生そう決まっているんだ

 

君を迎えに来たんだ」

 

それは紛れもなく死神。

秀麗な面差しにギラリと光る目、余命宣告。

どうやら私たちの命はこのライブが終わったら果てるらしい。

 

艷やかなベースとバイオリンから始まる

1.二律背反-antinomie-

始まってビックリ、いや、手拍子ちゃうやろコレ!って思いました。
完全にバンドのライブモードで来てたので面食らう面食らうww
前からはゴリゴリのバンドサウンドが飛んでくるし、セージ様も右に左によく動く。
セージ様はミュージカルとかもやってるからか、思いの他喉からCD音源で
安定してるんですね。多彩だなぁ。

あとこの曲のVn絶対エレクトリックのだと思ってたけどアコースティックのでしたね。
あとベースの人も5弦ベースでした。

セージ様死神役でもあるので
目にちろっとラインかシャドウかでメイクしてた感じが和ソフビな感じでまた良き。

2.ゴースト

白濱田と勝手に呼んでるこの曲。
それでも作詞の人が「死」を意識しないではいられないのはどうしてなのか。
このライブも死神がのっけから出てきてますし。

流石にセージ様からは死神様は一旦離脱してました。甘い声。いやほんと俳優さんてすごいですよね。

MC.1

とりあえず死神様はパージの状態でセージ様
あんまりケラケラ笑うイメージない俳優さんだったけどめちゃめちゃかいらしい顔で
よくおどけ、お笑いになる。あとほんと顔ちっちゃかったですね、
までReNYでみたバンドさん何個か
あるはずだけど抜群にちっちゃい方。

初めての人!でいっぱい手が上がって・・・となんか変なテンションだったけれど
ファーストライブは…取れなかったんですよっ!(泣)

(知ってる、だいたい後ろの人の心配性のせい。
何度あの人の観客動員見積もりに泣かされたことか・・・。)

あとはまーも結構コールされてて嬉しかったです。
何人かコールの主をさがしたらはまーのライブでもお見かけした人がちらほらいたので
さほどアウェイでもなかったのかな、って。

あっという間にライブ終わるんで心の扉を閉ざしている暇はありませんよ、
みたいなことをおっしゃっていました。

3.大停電の夜

曲数がそんなにない(はず)ので、ほんとにあっという間に推し曲が連発で来る感じ。
この曲に前後して北海道胆振東部地震からの大停電があったり、
全国そこかしこで災害だらけだし

はまーもそこにいた推しの劇団や他の推しバンドの人も神戸だの明石だのに阪神大震災当時
住んでいたはずなので冬の暗闇の中何を見ていたんだろう、なんて思うんですよね。

別のバンドだけど満月の夕なんて曲もありましたし。

 

そして大停電の暗闇からまたもや死神参上。
お衣装のフードをかぶると死神が憑依する仕様のよう。
どうもフードに(おもりという名の)魔力があるらしく体を
くるっと動かすとすとんと装着される素敵仕様。

 

「まさか、自分だけは死ぬはずがないと

そんな風に信じていたのかい?

ロウソクの残りは陽が出ずるまで

泣こうが喚こうが笑おうが

それまでの人生そう決まっているんだ

 

君を迎えに来たんだ」

 

ピアノに合わせくるりと回転しながら

フードをはらり、と脱いだそこには一人の青年。

纏う空気が一瞬にしてかわり別人。死に魅入られた男。

ということは死神はどうやら私達の命を奪いにきたのではないようだ。

(いや別の意味ですでにがっつり魂持ってかれてるけど:笑)

 

「「どうせ自分なんて」それが口癖

「ずっと忙しくて」そんな言い訳

 

最期の1日まで変わらないのか

最期の1秒まで人の所為なのか」

 

4.人として、時として、花として

この曲は「山手線は人身事故で」のひとふしで朝の駅のざわめきと静かにイラつく雰囲気がバン!って
出てくる感じが、凄っ…て。わかってても声を失います。これが表現力か、と。

途中でビートが細かくなるとこみてたらはまーが今まで見たことなかったような
チャカチャカしたノリ方をしててわーロックしとるぅーってなんだか楽しくなってきました。

 

5.新曲?僕の始まりと終わり

 

めっちゃロックな曲。(セージ様の映画の主題歌のカヴァーだったらしい)
ギターソロでサポートのギターの人がテレキャス(?)をジャラジャラかき鳴らして
セージ様がめちゃめちゃ煽ってました。キュート。

ここだと思う、
サポートの人のほうがメインな感じで多分客席をみる余裕ができたはまーがですよ、
そらもうみたことないよな幸せでパンパンになったニコニコ顔をしてゆらゆらされて、
正直ちょっとうるっとしました。

割とセルフプロデュース、みたいな感じでずっとやってきた感じの人だったし
正直MISSIONのこの感じはなぜに昔arpのブログかなどでもさんざっぱらdisりまくってたロックバンド(苦笑)
しかも珍しくプレイヤー成分多めだなぁとはおもってたけど、
なんかやってホントよかったんだなぁって思ったしここに来てよかったと思いました。

途中かな、ちょっとしたコールアンド・レスポンスと言う名のお遊びコーナー、
死神の玉の親分みたいのがでてきてどうやらそれはお客さんの気を吸って光るらしい(という設定)
子分のほうの設定が設定っぽいだけに別のもの吸われないかしらとも思いつつレスポンスして光らせ、
こんどは
連なってない数珠まわしのようなことを。音楽が止まるとセージ様から
ありがたいお告げをしていただけてました。「帰りタクシー使ってよし」とか
「締めのラーメンOK!」とか。(ありが…たいのか?)

6.Over the Galaxy

プラネタリウムの企画の曲ですね、(そう、これも外してるんだよ…もうぅ)

今まで女性ボーカル×濱田貴司っていうのが多かったけど男性ボーカル×濱田貴司と
いうのも絶対アリと思ってたしむしろこんなにピッタリくるのはいい意味で予想が外れた感じで、
宇宙という壮大で精緻な世界を描くのにこんな素敵な二人はないと思いました。
女の子の宇宙はありのままに感じる感じだけど男の子の宇宙はなんか冒険する感じじゃん?

MC.2

音源が定額配信サービスに配信されてて嬉しいから月額払ってしまってるとかそんな話を。
セージ様これが2回目なんかほんまに、って思うほどMCもそつなくできて
ちょいちょいはまーに振るんだけど
そのつど、え?とかはまーの天然ぽえぽえが炸裂しておかしいのなんの。
結構女性ファンを増やしていると思いました。よきよき。

後の2曲はライブ映えというよりはMISSONの思いみたいなものを大事にした歌で、と紹介され

7.自転と光点

ピアノ一発で闇と星と氷を現出せしめる男はまーの真骨頂ですよ。
それにパワーと艶のあるセージ様の声が乗っかって照明は暗い青だったけど全体的に紫色、
暗い宇宙に浮かぶまだ知らぬアメジスト色の氷の星を思いました。

8.シニガミ

時折挟まれる、リーディングはこの曲の詩だったようです。

 

死神が玉を携え本性を表しまた余命宣告を言い渡す。

 

サイドのモニターには燃える蝋燭の群れ

さながら落語の「死神」か。

 

 

「まさか、自分だけは死ぬはずがないと

そんな風に信じていたのかい?

ロウソクの残りは陽が出ずるまで

泣こうが喚こうが笑おうが

それまでの人生そう決まっているんだ

 

君を迎えに来たんだ」

 

「何もなかったように暮らしてもいい、

すべて投げ出すように狂ってもいい

悩む間も無情に時計は進んでいく」

 

青年が玉を抱えて言う

「どうせ自分なんて、それが口癖。

ずっと忙しくて、そんな言い訳。

 

最期の1日まで変わらないのか

最期の1秒まで人の所為なのか」

 

ひらりひらりと身を翻すごとに男と死神が交互交互に現れる、リフレインの応酬のうち

死神が段々と牙をむく…

 

くるりと回転すると、死神が吠えるリフレイン

「まさか、自分だけは死ぬはずがないと

そんな風に信じていたのかい?

ロウソクの残りは陽が出ずるまで

泣こうが喚こうが笑おうが

それまでの人生そう決まっているんだ!

 

君を迎えに来たんだ」

 

激しく吠えたその姿がひらりと裏返り

今度は青年が玉を大事そうにかかえて歌うようにつぶやく

 

「死を告げられるその日まで気づけない僕たちは

生が死をかすめる頃、目を醒ます…」

 

暗転して輝くオーブ…そうか、Orbか。

天体であり、星をかすめる軌道であり、ここでは命の、宝珠。

 

正直歌詞については自分はもう通り過ぎちゃったところというか(苦笑)
ガチで30前に死にかけたり生き延びたと思ったら親の死に目にあったときに
生きる意味とか考える前に動いたそのすべてが生きた意味なんだみたいな感じになってたから
なんか運命変えるパワーあって青くていいなぁって思ったんですが
ホントMemento moriではないですが絶体絶命とか死ぬ目に合わないとわからんことってあると思います。

8.Black-夜闇の向こう-

はまーのライブでスラップ・ベース聞けると思わんやん。ベースさん5弦ベース重いのに
フリフリして頑張る!
MISSION始まる前、好きだったのが冬のダリアで動くベースが入ると雰囲気が変わって好きだったので
こういうモダンなロックな感じも(元々好きだし)いいなって。

9.Born to be

You Tubeでちょこっとライブ映像があった曲、
あの時セージ様はなんかヤバイ薬でもキメたのかっていうキャラクターで
耳から蛍光グリーンの粘液が出てるのが見えたくらい
今回の素面トート様も相当ぶっ飛んでだけど…正直大丈夫なんかこの人って思ったんですが、
今はコアの曲とキャラクターを立てて演ってく感じなんだなって。
曲は紛れもなく歌はまーなんですが楽器が違ってアレンジ違うとちゃんと男子してて
拳あげて煽るなんてなんか不思議な感じだし、ひたすら爽やかで、新快速にのって
新大阪から姫路まで行くときに三ノ宮の向こうから明石海峡大橋とか
瀬戸内の海が関東とは違う色の日差しで晴れてるとキラキラするとこ走る
あの辺の感じがあってふるさとの太陽の色ってなんか出るのかなぁなんて思ったり。

YouTubeでPVにするだけあってセージ様がライブ映えしてめっちゃ
上手に来て煽ってもらいました。目も合わせてもらったと思う(いえーい)上手はごめん見てない(苦笑)

間奏かどっかでまた歌わされましたね、外郎売りかよ!みたいな早いところ。
流石に歌詞がサイドのモニターに出たんだけどみんな歌詞見ないと歌えないので
視線がサイドにガン見になったら、んなこっちみてないし!ってセージ様拗ねてましたw

はまーもそんなんあたりまえやーんみたいに笑ってました。

そんで、最後演奏しながらメンバー紹介しておしまい。

Ancore…?

アンコールも当然あったんだけど…曲がないですね。
個人的にはゴーストとかもう一度聞いても良かったんだけれども。

あと全然ライブで漫談も耐性あるんでぜひw
曲の代わりに告知があって
大阪で年末にライブやるけどお試しで…ってまたそれチケット争奪戦になるやつですやん…。

はまーが袖の人に日程確認しようとにゅっと上手脇向いて見たら誰もいなかったらしく
セージ様が気づいてゲラゲラわらってました。程なくしてバンT着た男子登場、
12/28だそうです。

最後にはまーらしくほんとにほんとに裏の人を紹介しておしまい、でした。

 

運命のライブって一生に何度も出会うものでもないと思うんです。
演者さんがこれだ!って言うライブでも受け取るほうが用意ができてないと全然だったりとか。
いろんな要素が重なって印象に残るもの、ライブってホント一期一会。
今回は、神ってる!って刺激的な感じじゃないけど、ズシッと後から効いてくる、
これは間違いなく運命のライブの一つだと思います。

 

 

« 2019年1月 | トップページ | 2019年11月 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ