« 札幌・小樽に行ってきました 最終日 | トップページ | みちもとすもうとツタンカーメン »

2010年11月20日 (土)

終わりの日

父が亡くなりました。

病名は「膵がん」です。

頭ではわかっていてもまだ感覚がついて行ってない感じです。
1年半前、「がん」だと判ってから、私たち親子はやれることを
やってきたと思います。
幸い妹が結婚し、「嫁にやる父」と孫が産まれ「じいちゃんの幸せ」を
父は味わうことができました。
あと20年でゆっくり味わうことを1年半で駆け抜けていきました。
父の病は不幸でしたが、その中でも幸運だったと思います。

今の医学では「膵がん」は目視で見つかってからだと
まず治らないがんだそうです。手術できれば
治ることは可能だそうですが…。
これは残念ながらほぼ事実です。
だから健康な人は膵臓をよーーーく見てもらってください
あなたの愛する人にも教えてあげてください。
膵臓見てくださいって医者にいいなさいって。
なってからじゃ遅い。

ただ、もし今これを見ているあなたの家族や
あなた自身がこの病だったとしても
決してあきらめないでください。
生きているかぎりまだ時間はあります。
1年でも、3ヶ月でも、1ヶ月でも。
今の医学は1ヶ月を半年や1年、2年にはできます。
1年あれば運がよければ子を授かり、その顔を見ることができます。
3ヶ月でも、遺言を残し、誰かにその仕事を
引き継ぐことができるのです。
それくらいの時間はあるのです。
いままでにすればほんの小さな事でも
何かを為す時間がまだある。
だからあなたが愛している、
あなたを愛しているその人の為に
その時間を使ってください。
幸いがんの痛みを命つきるギリギリまで止める医学は
発達しています。最期の日その日まで
「普通の生活」ができるのです。

父も私たち家族も一緒の時間を生ききりました。
欲をいえば父だって遺された母だって
やり残したことはたくさんあったでしょうが
運命というものもあったのでしょう。
仕方ないこと、というのは人が生きるなかで
どうしてもあるんです。あきらめましょう、
そうあきらめから何かが始まるんです。
くじけて折れているほどの時間はないから。

お葬式に参列してくれた友へ
本当にありがとう。この一年くらい
人の優しさが身に沁みた日々はありません。

も一回くらい父関連で一本書くかもしれません。
お付き合いくだされば幸いです。

« 札幌・小樽に行ってきました 最終日 | トップページ | みちもとすもうとツタンカーメン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 札幌・小樽に行ってきました 最終日 | トップページ | みちもとすもうとツタンカーメン »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ